ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワッツイン入手してきましたヽ(*゚∀゚*)ノ 表紙がパチパチと若干見分けがつかなかったけども!(;・ω・) ワッツインとパチパチの表紙を「KISS」させると「KISS」になるっちゅーことやね?ってか「どんな風になるのか楽しみにしててくらさ~い」と言われても、パチパチ誌内のワッツイン広告で表紙ネタバレしちゃってるんじゃあバレバレだったじゃないですか。因みにポスターも「KISS」させられるのかと思ったら、確かに「KISS」にはなるけど・・・・・・サイズちげェェエエ工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工!!!!几帳面でも何でもないくせにこういうのは何故か凄く気になってしまうので、ポスターとしては使えません。という訳でこれらもお蔵入り~ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ 因みに私立つべきではない襟が立ってしまってる人とか、上着から出るべき襟が出てない人とか、赤の他人でも直したくてうずうずするくらい気になる人です。でも血液型はB型です。w
写真は衣装が同じなので特に新鮮味は無い。(笑)でもやっぱりパチパチの方が写真の感じはいいかな?っていう印象。でも最初の4人揃った写真のken様のおみ足と、フードにすっぽりハイたんの定番(?)セクシーポーズに卒倒でした(*´Д`) インタの写真では煙草ハイたん→煙草セクシーフィンガーkenたん→
(勿論)non-smokingテチ
と来たので、きっと次はすもーきんぐゆっきーだ!テチが仲間はずれだわ(´・ω・`)と思ったらゆっきーはwithout cigaretteだった!ヽ(´∀`)ノ ゆっきー合わせてくれたみたいだよ、良かったね、テチ!!ヽ(*゚∀゚)ノ インタの内容は、ハイたんが「(KISSのCDブックレットは)俺が言いたかったのこれ!」と言っていて、"どんなブックレットなのか見るの楽しみo(*´∀`*)o"ってわくわくしてたのに、
こらテチネタバレすんなやぁああ!!。゚(゚ `Д)ノ。゚
ああ、的確に説明されちまった・・・・(´・ω・`) うん、でも楽しみにしておく。ってかハイたんどうして最近"死"について考えてるの、危ないお(;´Д`)
kenちゃんのインタは微笑ましいですね(*´ー`*) ハイたんという作詞家への想いが伝わってきてお姉さん泣ける。・゚・(*ノД`*)・゚・。hydeという作詞家は本当に才能に恵まれていると思います、私も。あんなぽけぽけしてて一見何も考えてなさそうな小さい体(失礼)からどうしたらあんなに中身が詰まってて深くて・・・・・言葉では言い表せないほど素敵な歌詞が生まれるのかしら。こういうときこそ、hydeの、ラルクのファンで良かったなーって思えますね。てかkenちゃんの笑点の例えに噴いたww さすがkenちゃん、予想GUY。
テチのインタでは、「hydeの負担を減らすため、というのが大きいです。」という発言に何故か心を打たれてしまいました。なんでか分からないです。「海辺」、聴いたことは無いけどSMILEの時期にレコーディングしたって最初書いてあって、ぶっちゃけΣ( ゚∀)ゲッ!!っと思ってしまいましたが、歌は今回録ったと聞いて一安心(´-ω-`)
ゆきーろせんせーが凄くイイことばっかり言ってるよぉおお。・゚・(ノД`)・゚・。詳しくは本誌にてゆきーろせんせーの生の声を読んでくだしゃい。ってか前のSEVENTH HEAVENのCDTV?かなんかのときに楽屋でハイたんが集合かけたのはKISSのアルバムの名前を決めるためだったんですね!そういえば次の会報で真相が明かされる、みたいな話じゃありませんでした・・・・・?あれ・・・・?会報は・・・・?('A`)


今日は水曜日なので、授業終わった後午前中の一回目の上映で恋空を見てきました☆一人で地元の小さな小さな映画館に初めて行ってきたんですが、めちゃくちゃ小さい!Σ(・Д・ノ)ノ 席は30か40くらいしか無い感じ。映画を実際見た人の数は5人いるかいないかだったと思います(笑)しかも皆さん私と同じくお一人で鑑賞。映画自体は、ちゃんとタオル握りしめて見始めたんですが、計6回は泣いたと思いますww もう終わる頃にはミニタオルがぐじょぐじょw(汚) 私「泣ける映画」で号泣できたことがないのでそんなに泣かないと思ってたのにw っていうか映画始まってから30分経ったか経たないかのところで既にまじ泣きしたのは初めてです(笑)
↓↓ちょっとネタバレ・・・・・かな?↓↓

内容に関しては、やっぱりよくあることですが、省かれてる部分が多くて、しかも原作でお気に入りだった部分が省かれてて残念だったところがいくつかありました。例えばノゾムは原作ではキーマン的存在なのに、映画では脇役で留まっている。それから優と美嘉の恋物語結構好きなのに、ほとんど無し。でも思ったよりもずっと三浦春馬が演技上手くてかっこよくてヒロ役にハマってたことに吃驚。私「14才の母」での挙動不審な彼しか見たこと無いものですから。(苦笑)新垣結衣は予想通りかわいいし私は彼女は美嘉役にぴったりだと思いました。でも映画をお勧めするかと言われたらちょっと分かりません。っていうのは、映画か原作どっちか、だったら原作の方お勧めするので。これだったら原作は無料で読めちゃいますしね。原作読んだ方には映画お勧めしますよヽ(´∀`)ノ 原作読んでれば理解しやすいっていうか。しかも大部分省かれてても、逆に省かれた部分を知っているので凄く感動できるというか。はい。
もう何回も何回もぼろぼろ泣いてしまい、「これは帰るときメイクヤバいんでない?!((((;゚Д゚)))」って思うくらいでしたが涙が止まらずw で頬がバリバリになってましたが意外といけるもんですね。全然見られて問題無い顔で帰れました。(笑)後半後ろに座ってた女の人が凄いすすり泣いてたw それと映画にぴったりなミスチルの「旅立ちの唄」に物凄く感動した(ノエ`)゜・。帰り道、余韻に浸りながら帰りたくてiPodにしんみりできる曲が入ってるか考えてみましたが、思い付かなかったので、気が進まなかったけどしょうがなくそれまで聴いてたうきうきソングのHurry Xmasを聴きながら帰りましたが、意外としんみりできました、泣けました、クリスマス繋がりでwww でももう一回見てみたいと思う映画は初めてでした、良かったo(*´∀`*)o あ~すっきりした。(笑)感動して流す涙はストレス解消になるそうですね☆でも確かに逆に辛くて泣いてストレス解消になるわけがないですよね。なんかこの流れいいかも、水曜日に授業の後一人で映画、ってのww 癖になると困りますけど。
スポンサーサイト

テーマ:L'Arc~en~Ciel - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アンドロイドの眠り, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。